天然寒天のトップメーカー「まるてん」の寒天は、信州のきれいな水と気候を利用して手づくりされた純粋自然食品です。

[寒天ニュース]寒天が高コレステロールや血糖値を改善することが実証されました

[調査目的]寒天を毎日常食することにより、生活習慣病は改善できるか?

■調査対象
茅野市内の40歳~70歳 男女60名
■調査方法
3ヶ月間週5回以上寒天を摂取
■寒天摂取方法
1日2g、4g、8gの寒天を週5回以上、3ヶ月時間を決めずに自由に摂取
■食べ方
常食に添加して食べる。(ご飯、味噌汁、スープ) ※甘いデザートは除く
■調査期間
2006年9月~12月

寒天の効果を約60人で実験・検証!!

血液検査、体重測定などは、寒天摂取前、摂取中の3ケ月間に3回づつ、そして終了後1ケ月の全部で5回行った。測定結果を見ると、体重やBMI、血糖、HbA1c(過去1~2ケ月の血糖値の平均)、LDLコレステロールは摂取前に比較し、摂取後は有意差を持って減少していったが、摂取終了1ケ月では、また元へ戻っていった。また、HDLコレステロール(善玉は、摂取跡から増加したが、終了後、低下傾向を示した。これら生活習慣病のマーカーが変化した理由は、

①寒天の食物繊維の直接的作用

食餌制や内因性のコレステロール、糖分を寒天の食物繊維が包み込み、消化管で吸収できないように働いている。

②健康意識の高まり

寒天摂取中という健康に対する意識の高まりが、食品の選択や食べ方、日常生活の是正に向かっている。その結果、体重減少も見られ、マーカーに良い結果が出た。

以上の結果が考えられる。

寒天摂取モニターを通じて全体を考察すると

  • 年齢、性において差はなかった。
  • 摂取量(2g、4g、8グラム)にも大きな差はなかった。
  • 摂取終了後、生活習慣病マーカーは悪化傾向にあり、継続的な摂取が必要と思われた。
  • 腹部膨満感、便器などの副反応もなく、却ってお通じは良好となった。また、貧血などは見られず、必要な微量元素は吸収されていると思われる。
  • 寒天の継続的な摂取は、薬を必要とする1歩手前の生活習慣病やその予備軍に対する予防効果があると思われる。

寒天の驚きの実験結果!!

実験結果の図

実験の考察

  • 年齢、性別においてはどの項目も差はありませんでした。
  • 寒天摂取中、総コレステロール、LDL-コレステロール、中性脂肪、血糖値、HBbAlc、摂取量に関係なく低下、摂取終了とともに増加に転じました。よって、摂取の継続が必要になります。
  • 生活習慣病および予備軍の人が寒天を取り入れた食生活を継続することは、阻止に大きな可能性があることが示されました。

小口晋平 医師コメント

「予想以上の結果が出て驚いている。寒天の常食は生活習慣病の予防に寄与できると思う。」

信濃寒天株式会社
〒392-0013長野県諏訪市沖田町4-41-6
TEL:0266-58-3428(代表)