天然寒天のトップメーカー「まるてん」の寒天は、信州のきれいな水と気候を利用して手づくりされた純粋自然食品です。

古くから人々の健康をサポートしてます【寒天の歴史と特徴】(寒天が信州で作られる理由について)

[ギモンにお答え]なぜ角寒天は信州の名産品なの?

[理由:その1]気候がいい

[理由:その1]気候がいい

寒天が作られる場所は、八ヶ岳山麓の標高800~900mのところに位置し、冬の寒暖の差が激しく、北アルプスに遮られて寒さの割りに雪はそれほど降らず、乾燥したところです。太陽と星空の下で、凍結と融解を繰り返して、徐々に水を出して乾燥させていくという天然寒天の製造法は、信州の気候にとても適しています。強い風が吹かないということも、寒天の天日干しには欠かせません。

[理由:その2]水がきれい

[理由:その2]水がきれい

信州の角寒天は、信州のミネラルなどの成分を豊富に含んだ良質の水によって作られています。
茅野市内の上水は全硬度20ppm、地下水は50ppm前後というたいへん上質な水です。鉄分がなく、前者はマグネシウムを、後者はカルシウムを豊富に含んでいます。この水を1工場あたり1日に50~70t使い、洗浄や煮熟を行います。 そして凍らせて乾燥させるという独特の手法によって、水分のみが外に出て、水に含まれていた大事な成分は寒天の中に残ります。信州の角寒天のおいしさです。

[理由:その3]交通による輸送に最適

信州は日本列島の真ん中にあります。その昔は山に囲まれて不便な土地でしたが、中央線の開通で輸送が容易になり、現在は中心に位置する好立地を生かして、全国あるいは海外から原料を仕入れ、全国に製品をお届けしています。

[理由:その3]交通による輸送に最適

[理由:その4]寒天の製造時期が農閑期のため農家の副業として発展

寒天を製造できる期間は、冬の12月中旬から2月中旬までの2カ月間。ちょうど農閑期にあたり、農家の副業として発展してきました。

[理由:その4]寒天の製造時期が農閑期のため農家の副業として発展

[理由:その5]まるてんの寒天・ところてんはすごい!

現在日本に残る天然寒天の製造地域は、角寒天を製造する信州と、糸寒天を製造する岐阜のみです。製造農家は減りましたが、工業製品である粉末寒天に席巻されることなく、多くのお客様に愛され、ご利用いただいております。 そこには原材料の選別から製品完成に至るまで、秘伝として個々の農家が受け継いできた製法技術に加え、毎日の耐えることない研究の蓄積があります。世界から評価される寒天が信州にはあります。

[理由:その5]まるてんの寒天・ところてんはすごい!

信濃寒天株式会社
〒392-0013長野県諏訪市沖田町4-41-6
TEL:0266-58-3428(代表)